芙蓉会トップ > ケアハウス第二椿寿荘 > 第二椿寿荘について > 特定施設入居者生活介護とは・施設の概要・入居のご案内

第二椿寿荘について

特定施設入居者生活介護とは

特定施設入居者生活介護とは

ケアハウス(軽費老人ホーム)、有料老人ホーム、サービス付き高齢者専用住宅などが介護保険の指定を受け、入居している利用者に対して介護サービスを提供する施設のことです。

サービスの内容

個別に作成した介護サービス計画に基き、入浴・排せつ・食事等の介護や機能訓練(リハビリ)を実施するとともに、その他の日常生活上においての相談や必要な支援を行います。

施設の概要

施設の概要

建     設 平成18年(2006年)10月1日
建 物 構 造 鉄筋コンクリート造、地上3階建
主 要 設 備 談話室・食堂・浴室(個浴・特殊浴槽)・機能訓練室
入 居 定 員 50人

職員配置

施設長、生活相談員、看護職員、介護職員、機能訓練指導員、介護支援専門員、栄養士等

食堂

談話・活動スペース

明るい空間となっており、ここで楽しく談話したりレクリエーションやクラブ活動を行います。

協力医療機関

草野内科小児科医院
諫早総合病院(後方支援)

協力歯科医療機関

山口歯科診療所

第二椿寿荘の特徴

  • 身体機能の維持や生活への適応ができるよう、機能訓練室でリハビリ専任スタッフが生活訓練を行います。
  • 施設の職員がサービスを提供し、生活を24時間サポートしています。(サービス形態 一般型)
  • 居室(約7畳)は、全て個室でプライベートな生活空間を確保しています。
  • 食事に季節の旬のものをとりいれ、栄養バランスのとれた食事を提供します。

機能訓練室

施設の案内をみる

入居のご案内

入居の条件

  • 介護保険制度における「要支援」および「要介護」の認定を受けている方

施設見学のお申し込み

施設見学は随時お受けいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

[受付時間]8:30〜17:30

入居までの流れ